女の人

ピアノレッスンを上達させるコツを一挙公開

様々な職業

ノート

書道家は、その名のとおり筆や墨などを用いて漢字や仮名などの文字である書を書く人のことを言います。書と一言で言っても、書く人によって様々な表現があり、その書による芸術を表すことが仕事です。書道家の働き方は様々あります。まず書を書いては売って生計を立て、有名になれば個展などを開くといったものです。また、もっと自分の作品を知ってもらうために個展を開く場合もあります。次に書を教えて、その授業料で生計を立てていくものです。書を教えるだけでなく書の楽しさを教え、興味を持ってもらうという狙いもあります。次に企業などから依頼され、企業の求める書を書いていくものがあります。最近ではインターネットの普及により、ネット販売などもあります。

書道家には様々な働き方がありますが、書道家になるにはどうすれば良いか書いていきます。まず書道を教える先生になるためには、教えることができるまでの書に関する技術を身につけて、教えるための場所を確保することが必要となります。特別な資格を取る必要はありませんが、基本的に師範レベルの方が先生として働いています。そのくらいのレベルであれば、その人に講習料を支払っても良いという信頼度を上げることができます。また学校などで教える場合は、教員免許が必要となります。次に書を売ったり、個展を開き生計を立てていくプロの書道家になるためには、まず流派に属すことが第一です。流派には教育系・芸術系があり、それぞれの師範の教えを受けて将来的に技術を引き継ぐというものです。