女の人

ピアノレッスンを上達させるコツを一挙公開

言語のリハビリの専門家

ウーマン

言語聴覚士とは、まだ一般に広く知られているとはいえませんが、れっきとした国家資格です。話すことや聞くことに障害がある方にリハビリテーションなどを行い、回復を目指していく仕事です。食べたり飲んだりという嚥下障害も仕事に含まれます。また障害がありながらも、その人の生活の質を高めていけるようなサポートもします。また言語聴覚士は、他の医療職とチームを組んで、連携しながら言語聴覚療法をすすめていくことになります。言語聴覚士はちいさな子供から、お年寄り、またコミュニケーションがうまくとれない方などいろいろな方と接しなけばいけないので、粘り強さや慎重さ、コミュニケーションの能力が必要とされます。就職先も少しずつニーズが広がっていて、いろいろな場所で言語聴覚士が求められています。

この言語聴覚士の資格をとる方法ですが、養成課程のある大学や短大、専門学校などで勉強をし、国家試験の受験資格を得てから言語聴覚士国家試験に合格するという方法が一般的です。学校選びに悩んだら、まずはネットで養成校の一覧が載っているサイトを見て、どこのエリアにどのような養成学校があるのか把握してみましょう。自分が持っている条件に合致する養成校がまずは絞られるはずです。そのうえで、各学校のホームページや資料を取り寄せして、授業料はいくらか、家から通いやすい場所であるか、国家試験合格率はどのくらいか、などに着目して、比べてみることが重要です。自分が三年か四年通うことになる養成学校選びは、資格を目指すうえでとても大切です。